用紙の役割と名刺印刷

印刷技術の進化と効果

トップ / 印刷技術の進化と効果

印刷技術のめまぐるしい進歩

日本の技術は、どの業界にしても日々進歩しています。その中の一つである印刷技術もまた、日々めまぐるしい進歩を遂げているのです。白黒からカラーに変わり、イメージの表現方法や宣伝効果の視野もとても広がることで、現代の生活には無くてはならないほど、密着したものとなっています。また、印刷するにおいて重要な役割をしているのが用紙です。昔は印字しても滲む事が多く上手に写し出す事は難しいものでした。しかし、品質や技術の向上により印字しても滲まなくなってきています。技術の進歩は今後もめまぐるしく進歩をしていき、より生活の中に密着したものとなります。

名刺に使う紙について

自社製品の広告としてチラシやポスターなどの印刷物を使用している会社は多いでしょう。また、社会人のもっとも基礎的なツールの一つとして、名刺があります。それらは時として会社の顔となり、営業たちの頼もしい武器となります。一般的に名刺の紙質はコートやマットコートと呼ばれる材質でできています。これらの商材には厚みの基準となる数字がついており、用途や好みに応じてそれらを使い分けると良いでしょう。例えばあまりにペラペラな名刺よりは、ある程度手触りが良く厚みや固さのあるものを名刺印刷に使用することや、屋外での仕事が多い方は光を反射するコートよりも光を遮断するマットコートを使用する、などです。